部品のアップロード

ここでは、実際の業務でLocalDBで作成した部品をCCMへアップロードする方法をご案内します。

シンボル・フットプリントについても同様の手順でアップロードすることができます。
管理者権限のある方は、一括のアップロードも行うことができます。

1.localDBで作成した部品を開く

【ファイル】→【開く】

2.右上「local-db」ボタンをクリック

該当のオブジェクトを選んで「OK」をクリック

3.該当のオブジェクトの編集画面が開くので、内容を確認し【ファイル】→【別名保存】

4.右上「CCM」ボタンをクリックし、名前を入力して「OK」ボタンをクリック
同時に承認申請する場合は「保存時に審査リクエストを作成する」にチェックを入れます。
詳細は審査承認をご参照ください。